タイトル
「環境問題を最重要課題」と位置づけ「王子グループ環境憲章」の理念に従って行動することを基本としています。王子グループの物流を担う当社は、よりクリーンな輸送方法の開拓を続けています。

物流の手段を、トラック輸送から海上輸送・鉄道輸送へと切り替えるモーダルシフトは、低エネルギー消費の輸送方法であり、環境にやさしい輸送手段です。
当社は、海上輸送において東京〜苫小牧航路に1万トンクラスの専用船を3隻、東京〜油津〜細島航路に1万トンクラスの専用船を1隻、東京〜釧路航路に5千トンクラスの専用船を1隻、合計5隻の大型専用船を就航させています。さらに広島、徳島からも随時小型船で紙製品の輸送を行っています。これらの専用船は首都圏で集荷した大量の古紙を製紙原料用に工場まで輸送しており、往復で環境改善に寄与しています。
また鉄道輸送では、米子工場から大阪、東京への輸送をすでに鉄道に切り替えています。
JR貨物との共同改善事業のシンボルとして、先頭の機関車には「王子製紙環境号」のヘッドマークが取り付けられました。
当社は、植林で「森のリサイクル」を、古紙利用で「紙のリサイクル」を中心に企業行動している王子製紙の製品・原料部門の物流を担っています。当社は可能な限りクリーンな物流を目指し、王子製紙と共に環境にやさしい企業づくりに取り組んでいます。

「環境問題は最重要課題」という王子製紙の企業理念にのっとり、1972年から独自の環境管理体制を構築。この体制をより強化するため、国際規格の環境管理システムISO14001を導入、2001年10月には全工場が取得しています。
この体制は王子製紙のみにとどまることなく、同一理念のもとに関係各企業もISO14001の導入を進めています。当社も例外でなくISO14001取得に向けてプロジェクトを推進。まず東京地区で導入し、順次全国への拡大を予定しています。

王子物流においてはクリーンな海上輸送・鉄道輸送へのシフトによって、環境改善に努力を続けています。
海上輸送・鉄道輸送は拠点間輸送であるため、お客さまへの最終的な輸送はトラック輸送に頼らざるをえません。そのため当社でもトラック輸送部門を併せ持っており、これらトラック運送事業者への「グリーン経営」の導入も同時に進めています。
「グリーン経営」とは、全日本トラック協会が環境パフォーマンス評価(ISO14031)の考え方を「環境基本行動計画」にのっとって、トラック運送事業向けに取り組み、まとめたものです。
この「グリーン経営」を導入することで、末端の物流担い手であるトラック輸送部門までが、もれることなく環境改善問題に取り組むことになります。
各種サービス

Home会社概要 事業内容お問い合わせ リンク サイトマップ

シンボルマーク